稽留流産の経験や、子どもが川崎病で入院した際の経験をつづっています。

子育てを楽しむためのヒント集

最近の投稿

流産手術を受けました

読了までの目安時間:約 11分

 

さて、稽留流産と診断され、

流産手術を行う日がやってきました。

 

私の場合、胎嚢に赤ちゃんが見えなかったので、

割とあっさり現実を受け入れることができました。

 

しかも、子宮内の出血で結構お腹が痛くなり、

「むしろ今すぐにでも手術してほしい・・・」

と思いながら手術の日を待ちました。

 

赤ちゃんがいないから思えたことだと思います。

 

 

 

手術は平日だったのですが、

夫が「休みをとる」と言い張っていました。

うーん・・・日帰りだし、

手術に付き添いがいるかなぁ・・・と内心思っていました。

 

が、病院の方に

「麻酔が覚めた時、どなたか傍にいていただけますか?」

「麻酔をかけるので、帰りはどなたかに運転してもらえるといいのですが・・・」

と言われていたので、

子ども(3番目:1歳は家で見ているので)はおじいちゃんたちに預けて

夫に付き添ってもらうことになりました。

 

 

 

手術の流れ

 

朝の9時に、外来の診察室で子宮の入り口を開く器具を入れてもらいました。

これが・・・結構痛い。

器具を入れる時に子宮を固定しないといけないらしいのですが、

お腹の中をつねられているような感じで、

今まで経験したことのない痛みでした。

(そう長い時間ではないですが・・・。)

 

この器具、水分を吸って少しずつ子宮の入り口を開くらしいのですが、

器具自体には全然痛みを感じませんでした。

痛かったのは、入れられる時だけでした。

 

 

これで、もう手術に向けての準備が始まったことになります。

それから入院のスペースに移り、しばらく待ちます。

 

 

・・・暇でした。

 

 

暇だろうなぁと予想がついたので、本を持って行ったのですが、

ずっと活字を読むのも疲れるし、

途中から病室にあるテレビを見ていました。

 

夫も仕事をしつつ、一緒にテレビを見つつ、

くだらない話をしつつ・・・

声がかかるのを待ちました。

 

おトイレとか普通に行けるんだろうか?と思っていましたが、

特に何事もなく行けました(笑)

 

 

途中で、手術着に着替えてねと言われ、

両肩の所がボタンで開くようになっている、バスローブのような形をした

うすーい服を渡されました。

 

私が通っているところは個人病院で、

病室はほとんど個室、トイレ付、

テレビやアメニティまで置いてある所なので、

特に持ってくるものは言われていなかったのですが、

ネットで色々調べているうちに、

持ち物として産褥ショーツを持って行ったという話があり、

もしや産褥ショーツがいるのでは?と

前開きの産褥ショーツを持っていきました。

 

着替えの時に、病院の産褥ショーツを貸してもらえたようですが、

自分のがあるならそれでもいいですよ~

とのことで、自分のを使いました。

 

着替えた後、絶飲食をしているので・・・と

点滴をつけられました。

ただ単に栄養剤だそうです。

 

 

お昼ごろ、いよいよ手術台へ。

夫は、手術の音などが聞こえるので、手術室のすぐ外ではなく

コモンスペース(入院している人や面会の人が使える休憩室)で待つことに。

 

私は、お産をするような台に上り、

足の位置や手の位置を調節してもらいました。

それぞれ、落ちないようにベルトをされます。

 

心電図、心拍数、血圧などの機械を取り付けられました。

人がだんだん増えてきます。

いよいよです・・・。

 

手術のための器具?を準備しているようで、

金属と金属のぶつかる音がいやに耳に付きました。

 

 

準備の途中、私の右脇くらいの位置から、

にゅ・・・とL字の上下逆さまになった形の棒が出てきました。

 

何かな?と思ったのですが、

お腹のあたりにかかっていた大きなタオルの端を

その棒にかけていました。

 

すると、私からは股のあたりが見えなくなりました。

ああ、こういう配慮って有難いなと思いました。

 

そして、その状態で先生が手術室へお入りになりました。

みなさんバタバタされているし、顔は全然見えないのですが、

「よろしくお願いします」と言うことはできました。

 

師長さんが、

「今から麻酔をしますね」と肩に注射?をして、

ゆっくり呼吸するように言われました。

 

「今3㎖です。あと30秒後にもう3㎖入れます」

と言っていて、こんなんで眠れるのかなぁと思っていると、

「30秒経ったので3㎖入れます」

 

・・・という言葉を聞いたのが最後。

 

 

次に気が付いた時には、隣の部屋のベッドで横になっていました。

 

 

 

手術後は・・・

 

気が付いた時は、ナースコールを左手にしっかりと握って、

横向きに寝ていました。

 

最初に起きたのは耳。

カチャカチャと手術の後片付けをする音が聞こえました。

そして助産師さんたちの話し声・・・

 

ああ、手術終わったんだな~と。

ぼんやりとした頭で思っていました。

 

冬なので、部屋自体はエアコンで暖められていたようですが、

シーツがいやに冷たく、急に人肌恋しくなりました。

 

もぞもぞと動いた私に気が付いて、

傍にいた夫が「無事に終わったよ」と声をかけてくれました。

 

「手ぇ、貸して」

 

普段、手なんて握らないのですが、

(子どもがいると、だんだんそうなりませんか???)

その時握った夫の手の温かさが、今でも忘れられません。

 

夫は、

「恥ずかしい~誰か人が来たらどうするん」

と言いつつも、頭がはっきりするまでずっと握っていてくれました。

 

日帰り入院だし、手術自体も10分くらいだし、

赤ちゃんが見えなかったから思ったほど精神的ダメージもないし、

別に一人でいいかなーと思っていたのですが、

その時に、一人でなくて本当によかったと思いました。

 

一人でもどうにかなったかもしれないけど、

夫がいたから安心しました。

 

 

 

手術後1時間くらいしてから、

だいぶ体を起こせるようになりました。

 

様子を見に来てくれた師長さんに、

ベッドを少しずつ起こしていいですよ、と言われ、

「飲めそうならどうぞ」とパックのジュースをもらいました。

 

その後、おトイレに行きたかったのでナースコールを押すと、

「動けそうなら着替えておトイレに行っていいですよ」

とのことでしたので、ちょっとふらつきながらも着替えました。

 

 

 

手術後の診察

 

その後は、手術後1時間半くらい経ってから

外来の診察室で、先生の診察(というか話?)がありました。

 

そこで、無事手術が終わったことを告げられ、

手術後空っぽになった子宮の、エコー写真を見せてもらいました。

(真っ白なエコー写真を初めて見ました)

 

無事終わってほっとしました。

そして私の場合は出血があったので、不快なお腹の痛みがあったのですが、

それがなくなり、すごくスッキリしました。

 

 

手術を受けてよかったなと。

気持ちも前向きになりました。

 

 

手術後の留意点は、

  • 術後2、3日は安静に。1週間は無理をしないこと。
  • 今日はお風呂もシャワーもダメ。
  • 手術翌日の検診を受けてからシャワーOK。
  • お風呂は1週間後の検診を受けてから。
  • 夫婦生活は最低2週間はダメ。
  • 高熱や激しい腹痛があったら受診すること。
  • 少量の出血、軽い腹痛は1週間くらい続く。
  • 2、3ヶ月月経が来ない場合は受診すること。

 

と説明をうけました。

 

抗生剤と子宮収縮の薬をもらい、毎食後に飲んでねと言われました。

 

その日はお会計を済ませて、そのまま帰りました。

(保険適応で、1万円ちょっとでした)

 

 

 

人が一人生まれるってすごいことなんだな、と。

今いる子どもたち(3人)がとても愛しく感じました。

 


稽留流産・・・手術までの流れ

読了までの目安時間:約 13分

 

妊娠初期での不正出血があった日に、

検診のため車に長く乗っていたのが悪かったのか

(田舎に住んでいるので、片道1時間以上かけて産婦人科に通っています)

次の日は、お腹が痛くて半日以上動けなくなりました。

 

痛いと言っても生理痛程度。

あとは軽い陣痛のような、お腹が張っているような感じがありました。

我慢すれば動ける程度の痛みでしたが、

自宅安静を告げられたので

子どもをお願いし、横になっていました。

 

あまり自分では感じませんでしたが、

精神的にも疲れていたのかもしれません。

 

 

 

私、稽留(けいりゅう)流産かも?

 

流産・・・と言われても、

私はその時は化学流産と切迫流産しか知らなくて、

ネットで色々と調べているうちに

「稽留(けいりゅう)流産」という言葉を知ります。

 

主に遺伝子異常で妊娠がうまくいかず、

これ以上胎児が成長することができない。

お腹の中に成長できない胎児や胎嚢を長くとどめておくのは母体に良くない。

自然に出てこなければ手術。

妊婦の1~2割くらいに起こる。

 

 

・・・あー私これだな、と。

来週まで赤ちゃんが見えなければ、

この「稽留流産」というのになるんだな~と

ぼんやりと思っていました。

 

ただ、みなさんがよく経験されているのは

胎嚢と呼ばれる袋の中に、赤ちゃんは見えているけれど

心拍が確認できない、というもの。

 

今まで、3人とも検診のときに心拍が・・・ということを

気にしたこともなかったので、

(何事もなく心拍が取れていたし、先生も余計なことはおっしゃらない方なので)

それが普通なんだと思っていました。

 

過去3回の妊娠で先生から言われていた

「順調ですね~」の言葉が

こんなに有難いとは思いませんでした。

 

 

そして、赤ちゃんがいないからつわりもなく、

妊娠したはずなのに、入ってるんだか入ってないんだかわかんない気になっていたのでは、と。

母の勘ってすごいなと。

なんだか、すべての謎が解けたような気がしました。

 

 

 

子どもがいるけど自宅安静・・・

 

出血があったため

次の検診まで、安静にする必要がありました。

 

自宅安静も3段階あるようで、

私は一番軽い「家事制限」というものでした。

 

それでも、外出はやめること、

家事は15~20分くらいなら可能、

湯舟には浸かれない、

痛みがあればすぐに横になるように、

その他もできるだけ横になるようにとありました。

 

 

「外出をやめて」とあったので(控えてではなく)

毎朝、上二人が乗るスクールバスの送りもできず、

もちろんお迎えにも行けず(幼稚園なので2時)、

家事もほとんどできず、

子どもも抱っこできず(3番目はまだ1歳・・・抱っこざかりです)、

お腹を蹴られるのが怖いので一緒に寝られず・・・。

(あ、もちろん片付けも中止です(笑))

 

 

私が普通にできていたこと、全部家族に丸投げです。

というか丸投げできるってすごいなと。

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に生活している強みだと思います。

夫もいつも以上に早く帰ってきていたような気がします。

食事も、着るものも、寝ることも、どれも心配なかったです。

いつも通り、ちょっと私と過ごす時間が短いだけです。

本当、有難い限りです。

 

 

子どもたちには

「お腹の調子が悪いから、重たいもの持ったりお外に行ったりできないんだ」

「次のもしもし(検診)で先生にいいよって言われたら、また一緒に寝られるからね」

と伝えておきました。

この時点では妊娠のことは伝えませんでした。

 

 

冬だったので、個人的につらかったのは

湯舟に浸かれないこと。

寒かった・・・。

出血があるときは、かけ湯かシャワーで、とのことでした。

感染予防のためだと思います。

(産後1か月もそうですよね)

 

 

動きたいけど痛みがあるときも多く、

とにかく無理をしない!

無理をすれば余計に家族に迷惑かける!

今はじっとしとく時!

・・・と、自分に言い聞かせていました。

(ちょっと動いて家族に怒られることもありましたが・・・)

 

出血が更にあれば入院になるかもしれないし、

次の検診までもたないかもしれない。

もし、赤ちゃんが見えないだけだったとしたら

今動いたら後悔する。

 

・・・そんな思いでした。

 

 

 

ちなみに、次の段階の安静になると、

「家事禁止」というものになります。

先ほどの「家事制限」に加え、外出・入浴は禁止、

家事もダメ、症状があってもなくてもできるだけ横になること、

階段の昇降もあまりしない方がいい、というもの。

 

最終的には「絶対安静」。

トイレ、食事以外は横になって過ごすこと、

体を拭くのも他の人にお願いしてね、というものでした。

それでもだめなら入院・・・。

 

もし核家族で、子どもがいる状態だったら

どうするんだろう・・・

手伝ってもらえる人がいなかったら

こんな時、どうするんだろう・・・

安静って言われても、するしかないんだよね・・・

 

 

 

病院での診断は、やはり稽留(けいりゅう)流産

 

最初の検診から1週間後、

検診で胎嚢は33ミリにまで大きくなっていました。

これは大体8週くらいの大きさ。

結構大きかったです。

 

それでもやはり、赤ちゃんが全く見えず・・・

真っ黒い袋を色んな角度から見ていただきましたが、

やっぱり真っ黒・・・

 

 

先生のお話では、

切迫流産の場合は、流産するかもしれない。

だけど妊娠を続けられる可能性がある。

 

でも、稽留流産はもう妊娠を続けることができない。

私の場合は赤ちゃんが見えないので、こちらの稽留流産。

出血もあるし、できるだけ早めに手術した方がいい。

そう、言われました。

 

 

ちょっとショックだったのは、出血が止まっておらず、

むしろかなり広がっていたこと。

 

 

後で出血について師長さんに聞いたところ、

妊娠がうまくいっていなくて赤ちゃんが亡くなっている、

または私のように赤ちゃんがいない状態だと、

体が異常を察知して血で押し出そうとするそうです。

 

軽い陣痛のような、お腹が張る感じも、

生理痛のような痛みも、

この押し出そうとする力によるものだそうです。

 

バタバタ動いていたから出血があるのかなぁとも思っていたのですが、

そもそも妊娠が成立していなかったことが原因だったようです。

やはり、妊娠初期での出血には注意が必要です。

 

 

 

流産手術について

 

その後、手術についての説明を受けました。

朝9時に来て、子宮を開くための器具を入れる。

お昼の12時過ぎ、先生が午前中の診察が終わってから手術。

麻酔が切れる午後3時ごろには帰れる。

要するに日帰り入院であること。

手術自体は10分くらいだけど、全身麻酔をかけること。

 

 

手術の合併症として、

  • 子宮内感染(術後、出血がたまった場合に起きやすいため、術後に子宮収縮剤と抗生剤を投与されます。時々膣から子宮へと感染が広がることがあります)、
  • 組織遺残(1度に全部取り切れず、2回に分ける場合もあります)、
  • 子宮穿孔(子宮の入り口を開くために入れる器具で、子宮を貫いてしまうことがあります。約0.3%と非常に低い確率だそうです。でもそうなると周囲の臓器に損傷が及び、時に開腹の可能性があります)

があること。

 

また、麻酔の合併症として、

  • 誤嚥(麻酔による吐き気や嘔吐で、気管へ胃液等が入り込む場合があります)
  • 喘息発作の誘発(喘息経験のある人は伝えてください)
  • アナフィラキシー発作の誘発(すべての薬で起こりうる現象ですが、時に気道確保が必要になります)

という説明を受けました。

 

それから、この合併症の回避のために、

手術翌日と1週間後には診察が必要なこと・・・。

(病院からいただいた、手術についての説明の紙を参照しています)

 

 

当然ですが、

あぁ、しっかり手術に向かって動き出しているんだな、と感じました。

 

できるだけ早い方がいいということで、2日後に手術日を決めました。

(検診が土曜だったので、週明けの月曜に)

 

 

その他としては、

手術の日は朝から絶飲食(麻酔による気管への誤嚥を防ぐため)。

お化粧もダメ(顔色を見ながら麻酔の注射をするため)。

私は眼鏡をかけていますが、コンタクトの人は外しておく必要があるようです。

 

 

・・・と、ざっと手術の説明を受けて、診察室を出ました。

 

 

 

胎嚢の中に赤ちゃんがいない私でも、涙が出ました。

隣に座った夫が、ぐっと抱き寄せてくれて、余計に泣けました。

赤ちゃんの姿を見た方は、どれだけつらい思いをされているのでしょう・・・

 

 

 

手術依頼書

 

これは病院によって様式など違うと思うのですが、

私は手術依頼書というのを書いてきてねと言われました。

 

私と、夫の署名・捺印をするようになっています。

 

病名 「稽留流産」

と書いてあって、

 

へ~病気なんだ・・・と思いました。

 

 

 

 

診察室を出てからは、

病院のスタッフの方たちが

言葉や話し方に非常に気を配ってくださっていて、

他の診察の方(主に妊婦さんですよね)にあまりわからないよう、

手術の日の話をしてくださいました。

 

そんな病院に通えてよかったなと思いました。

 


不正出血で分かった、流産の可能性

読了までの目安時間:約 10分

 

4度目の妊娠で、初めて経験した「稽留(けいりゅう)流産」。

 

今まで3度の妊娠、出産を経験していますが、

3人とも不妊治療することなく、

お腹の中で子どもは順調に成長し、

自然分娩で生まれてきました。

(陣痛促進剤は打ってもらったことがありますが)

 

変な話、妊娠・出産ってそんなもんだろう、と思っていました。

妊娠すれば子どもは順調に成長する。

出産は母子ともに命がけですが、きっと生まれてきてくれる・・・。

 

だけどそれって、本当に本当にすごいことだったんだな、と。

当たり前じゃなかったんだな、と。

今、改めて思います。

 

初めて経験した稽留流産。

今、あなたも「もしかしたらそうなのかも・・・」と思われているのかもしれません。

今日は、私が稽留流産だと診断されるまでの経過をお話しします。

 

 

 

小さな違和感

 

妊娠自体は、今から1か月以上前には分かっていました。

 

私は「妊娠したかも!?」と思うとすぐ病院に行きたがるのですが、

今まで初めて行くのが早すぎて

自費(1回5000円くらい)で検診を受けることが何度もあったので、

今度は4人目だし、何より冬だったので年末年始にかかる・・・ということで

年が明けて、落ち着いてから受診しよう、と思っていました。

 

今考えれば、

「今までと違う行動をした」という時点で、何か感じるものがあったのかもしれません。

 

というのも、妊娠した!という喜びはあったものの、

なんだか実感がないまま日が過ぎていたのです。

 

妊娠したら、よくお腹に話しかけますよね?

お腹を触りながら「入ってますか~?」と話しかける夫に、

「うーん・・・わからん・・・」と答える私。

 

一緒に住んでいるお義母さんにも、

「つわりもないし、入ってるんだか入ってないんだかわかんないんですよね~」

とのんきなことを言っていた私。

そう、つわりらしきものも、ほぼなかったんです。

 

女の?母の勘?としか言いようがないのですが、

今までの3人の時とは何かが違う。

妊娠しているという実感がわかなかったのです。

 

だから、というわけでもないのですが、

「いつもと同じように動ける気がする」

と勝手に思い、

軽く走ったり、まだ3歳だけど20キロ近い長男を抱っこしたりしていました。

 

極めつけは片付け&模様替え。

春から小学校に上がる長女のために模様替えをしよう、という話になり、

夫は仕事だし、まだお腹が大きくないし今のうち!と思い

せっせと片づけをしていました。

 

もちろん重たいもの(長男は別)は持たないようにしていましたが、

手を上に延ばす体制はよくとっていたと思います。

 

 

 

始まりは、不正出血

 

そのせい・・・と言われればそうかもしれませんが・・・

 

初診を2、3日後に控えたある日、

お手洗いに行った際、

 

「ん???」

 

少量の出血がありました。

鮮血ではなく、ちょっと赤黒い感じでした。

 

実はお昼ごろから、下着が濡れたような違和感は感じていましたが、

その日は1日バタバタしていて、なかなかお手洗いに行けていませんでした。

 

気が付いたのは土曜日の夕方。

 

多量じゃないしそのままでもいいかなぁとも思ったのですが、

お義母さんに相談すると

「一度病院に電話してみたら?」と。

大事な時期だし素人判断は怖いよ、と。

(このとき夫は子どもを連れて外出中でした)

 

確かにそりゃそうだと思い、病院へ電話をしました。

先生に替わっていただけて、お話することができました。

 

最終月経の日付や症状、痛みなどを聞かれ、

「出血の際は動かない方がいいときもあるんだけど、

正常な妊娠かどうか、1回見ておきましょう」

と言っていただき、休診の時間帯でしたが診ていただけることに。

 

その後、帰ってきた夫に病院まで連れて行ってもらいました。

夕飯時だったこともあり、

上の子たち(6歳、3歳)はお義父さん、お義母さんに預け、

下の子(1歳)は一緒に連れて行きました。

こんなとき、安心して預けられる人がいるって本当に有難いなと感じます。

 

 

そして、病院に着いて診察を受けました。

 

内診台に上がり

「まずおりものの量を見ますね」と言われたのですが、

もうその時には出血はなし。

 

「超音波の検査をしますね」と子宮の中を映し出してもらったところ、

「ちゃんと子宮内で妊娠してますよ」と。

良かった良かった。

 

でも、「子宮内で出血があります」とのこと。

外に出てないだけで、中では出血がまだあったようです。

 

その後、胎児の袋(胎嚢)をいろんな角度から先生が映してくれるのですが・・・

「ん~赤ちゃんが見えないね~」

 

・・・?

 

何度も行ったり来たりして胎嚢を見てくれるのですが、

袋の中が真っ暗なんです。

 

 

今まで、かなり早い段階(妊娠4週くらい)から受診したことのある私は、

最初は袋しか見えない、ということは分かっていましたが、

この時、胎嚢の大きさからして妊娠6週くらい。

 

「もう見えてもいいくらいなんだけど」と先生。

 

とりあえず内診台を降りて、隣の部屋で待つ夫と話を聞くことに。

 

私は、どういうことかよく飲み込めていない状態でした。

 

 

 

流産の可能性

 

先生のお話だと、

 

「子宮内に袋(胎嚢)はあるんだけれども、

袋の中に赤ちゃんが見えないから、

このままだと妊娠がうまくいっていない可能性があります。」

 

「まだ6週なので、もう1週間様子を見てみましょう。」

 

「来週まで待って、赤ちゃんが見えて心拍が取れればいいのだけれど、

そうでなかった場合は流産、ということになります。」

 

「その場合、自然に子宮内のものが出てくれば良いのだけれど、

出てこなかった場合は手術が必要です。」

 

この時点で、最終的にはどうなる可能性があるのか、

ということまでお話がありました。

 

その日、袋の中が真っ暗なエコー写真をいただきました。

今まで、このくらいの大きさがあれば、

赤ちゃんの姿は見えていたような気がする・・・と感じました。

 

 

 

出血に関しては・・・

 

流産の可能性も気になるところですが、

出血も気になるところ。

 

実際に不正出血があったということで、

先生からは「自宅安静」を告げられました。

 

子宮内での出血というのは妊娠初期ではよくあることのようなのですが、

実際に体外に出血があると、話は別のようです。

 

 

外出をやめ、家事は15~20分くらいにとどめる、

痛みがあれば横になるように、と書いてある注意事項の紙をいただきました。

 

痛み・・・と言えば確かに前日に少し痛みらしきものがあって、

でも軽い生理痛のような、じわっと鈍痛がある程度でした。

 

 

 

 

そして、ここから、

家族の協力なしには過ごせなかった、長い1週間が始まります。